いらっしゃいませ
contact   メール
ワイヤレス心電計、コードレス心電計
ディジタル心電計、パソコン心電計
一つのパソコンで、
ホルター心電図、
ストレステスト12誘導心電図、
安静時12誘導心電図、
が測定できて、
同じ患者の心電図が
統合して診断できる場合、
どんな価値が生まれるか
ご意見を下さい
想像される価値
総合的な心臓診断ができる
経時的な診断ができる
各検査場所が異なっても
簡単に院内ランやインターネットで
データの統合ができる
開業医、検診センター、病院等
異なる場所のデータも簡単に
統合できる
遠隔医療、僻地医療、地域医療
等に多大な貢献が期待できる
出力には、オプションとして、
テキストファイル、
バイナリファイルがご用意されています。
超音波や、パルスオキシメータや、
脳波、筋電図、などと、
あるいは医学辞書、医学資料と
一緒に利用できます。
12誘導心電計として、安静時のみ、カルディオビュは、2001年12月認可取得
ワイヤレスで、安静時、歩行時、負荷時のデュナは、2007年4月認可取得
ワイヤレスで、非観血血圧機能付き、安静時及び歩行時、負荷時の
バラトンは、 2010年4月に正式認可を頂きました。

ワイヤレス心電計アンプは、携帯電話のパソコン機能で、
携帯電話式12誘導心電計として、
遠隔医療、救急医療、在宅医療、医療連携、集団検診等にご利用頂けます


非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献    エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器

  ブルーツース    デュナ   デュナの実例     遠隔同時表示    ラブテック製品    Labtech products

ラブテック ホルターの解析例

特に、T Wave Alternans
Heart Rate Variability
Turbulence、3D可変表示、
Spectral Analysis 等が装備されています

ブログ 手動式テコの作用の
造影剤注入器
ブログ 造影剤楽々注入気器 ブログ 先天性心疾患と
小児循環器
ブログ 先天性心疾患
ソフトウエア
ブログ パソコン応用インターネット
12誘導心電計
ブログ 12誘導心電図および
生体情報遠隔同時表示
ブログ パソコンと医療 ブログ パソコンの医療への利用
ブログ 医学会に伴う展示会
ご出展を
ブログ 医師を求めています ブログ 医療関係者向け掲示板 ブログ お知らせ
ラブテック パソコン 心電計 ラブテック パソコン ホルタ のご利用の方法に係るお断り  
                            2013年 平成25年4月1日
平素のご愛用に深謝申し上げます
さて、当該製品は、現在市販されております 
各種のインターネット及び電話回線等 による利用が容易です。
また、それらを用いた方法を試験的に行っております。
付きましては、この中で、個人情報に係る場合もございます。
弊社としては、これらの媒体を用いて、医療やその付帯用途にご利用される場合、
上記に対しての個人情報に係り発生するかもしれない一切の責任は、
ご利用される方の自己責任においてご利用されるものとします。
ご利用することによって、他の方法ではかなえられない利便性を提供しますが、 いずれの場合でも、
ご利用される場合は、そのご利用される方々の自己責任において、 ご利用されるものとします。
弊社ならびに、製造元の責任は一切負いませんので、ここにお断り申し上げます。
                           メディカルテクニカ有限会社   
                         Labtech Ltd.(Hungary)
ワイヤレス リモートコントロール

多人数同時表示

パソコン ソフトウエア
平成23年10月吉日 
            12誘導心電計のアンドロイド対応が世界発で、 発売します
  なお、Windows Mobile版は、すでに発売済みです。
 なお、当該製品の一連製品としては、  12誘導心電計(安静時タイプと負荷試験対応タイプ、
ー平成19年認可取得)、 (カフ型血圧計付き、−平成21年認可取得)
(スマートホン、タブレット対応タイプー平成19年認可平成22年発売)
(パルスオキシメータ入力表示タイプー平成21年認可平成23年発売)  
製造元 ハンガリ国ラブテック社  
機種  12誘導心電計のスマートホン或いはタブレットSIM Card入りタイプ
 医療機器製造販売業 メディカルテクニカ有限会社

スマートタブレット式12誘導心電計は、ハンガリ国ラブテック社で実現
スマートタブレットの、ブルーツースで、直接、12誘導心電計から
12誘導心電図を無線で受信し、12誘導心電図を表示します。
その12誘導心電図は、アンドロイドのスマートタブレットで動作し 携帯電話網を用いて、
他のスマートタブレットや、スマートホンや 一般パソコンへ送信 し、
また、仕様により、サーバーやクラウドに記憶できます。
どこでも、即座に12誘導心電図が表示できるので、
緊急な診断に 救命救急のお手伝いをします。

12誘導心電図は、基線の追随ソフトにより、いつも整然と12本別れて表示される。
  電波法の関係から電波は、標準7m位以内の微弱である。
  12誘導心電図の電極は一度装着すれば、一貫して測定できる。
  各社負荷装置との連動は、その製造会社と協力さえあれば、どこでも接続制御できる。
  マスターステップ(日本式チャートが収録されている)
や歩行時の12誘導心電図が 連続取得できる。

上記各種のご利用の前後、途中でもいつでも安静時の心電図を測定できる。
  世界標準のメタボリック指標が搭載されてリアルタイムで表示できる。
  世界で長年実績のあるサンテック社の非観血血圧計が搭載できる(薬事申請中)。
  RR間隔及び波形のディジタル信号のファイルが取り出せる。
  一つの場所(例えばCCU,ICU等)で十数台同時に利用しても混線しない。
  オプションとして、ワイハイ、ワイマックス、
第一種ブルーツースを利用すれば、測定範囲   の制限を受けない。

  世界に先駆けて開発された製品なので、
各種文献及び新医療診療方法や、 新医療技術開発の機会がある。

  当社のホルターならば、同じパソコンで併用できる。  
 gTec社のマットラブ解析ソフトウエアと連動すれば、リアルタイム自律神経解析ができる。

携帯電話で、12誘導心電図

が送信できます

iPhone で、12誘導心電図の、リアルタイム、
動画を表示します。
専門医の先生による心臓病診断が
即座に、どこでも、可能となりました。
非観血血圧計付きホルター心電計

ホルター心電計が非観血血圧計付きで、 パソコンソフトウエア解析付きで、
厚生労働省から平成19年9月に承認されました。
小型で、かつ、パソコンの近くでは、連続モニターとしても使用できます。
自律神経の三次元解析ソフトウエアも付帯しています。
また、ディジタル ファイルの出力機能
(RR間隔と血圧値はテキストファイルで、
心電図波形はバイナリファイルで)も付加されています。
心疾患、虚血性疾患、不整脈疾患、先天性心疾患、
心臓リハビリ、 高血圧症、糖尿病、透析、内分泌症、
メタボリック症、自律神経失調症、 脳血管疾患、
血管疾患、睡眠障害疾患、呼吸疾患、ペイン疾患、
スポーツ、体力増強、人間ドック、検診、等にご利用頂けます

平成23年10月吉日   
          12誘導心電計のアンドロイド対応が世界発で、 発売します
  なお、Windows Mobile版は、すでに発売済みです。
 なお、当該製品の一連製品としては、
 12誘導心電計(安静時タイプと負荷試験対応タイプ、ー平成19年認可取得)
(カフ型血圧計付き、−平成21年認可取得)
(スマートホン、タブレット対応タイプー平成19年認可平成22年発売)
(パルスオキシメータ入力表示タイプー平成21年認可平成23年発売)
 製造元 ハンガリ国ラブテック社
 機種  12誘導心電計のスマートホン或いはタブレットSIM Card入りタイプ
 医療機器製造販売業 メディカルテクニカ有限会社

ディカルテクニカがご提案する自律神経解析用生体モニター   
                                         2011年4月
生体の発する信号の内、自律神経解析に適する信号には、色々あるが、最も信頼性が、
得られる信号に、心臓から発するRR間隔があることが知られている。
弊社では、下記の測定器をご提案する。 1、 ラブテック社製パソコン式ホルター心電計 
(薬事許可取得済み )   この特徴は、ワイヤレスであり、長時間連続で記憶する機能を有し、
かつ、 自律神経解析ソフトウエアを内臓する。
  その上、記憶した、RR間隔のテキストファイルを出力する機能を併せもつ。
   非観血カフ式オシロメトリック血圧計付型式もご用意している。
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtechholter/
2、 ラブテック社製パソコン式ワイヤレス心電計 (薬事許可取得済み )
この特徴は、ワイヤレスであり、長時間連続で記憶する機能を有し、かつ、
 心電図波形は、振動、運動用に開発されているので、極めて安定した波形が表示される。
 自律神経解析ソフトは内臓していないが、リアルタイムでその心電図をモニターできる。
更に、RR間隔のテキストファイルが出力されている。 心電図波形のバイナリ数値も出力されている。
 非観血カフ式オシロメトリック血圧計付型式もご用意している。  ワイヤレスSpO2も併用できる。
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna/
3、 ETC社製ワイヤレス連続式非観血血圧モニター(研究用) この特徴は、指先の脈波形から、
血圧波形を抽出し、連続記憶する。 RR間隔が出力されている。  
  他に、すべての解析データが出力されている。  
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/etc/
4、 Shimmer社製ワイヤレスウエアラブルセンサー(研究用) この特徴は、その大きさが極めて小さく
、かつ、軽いことで、人体のどこでも装着できる。
ワイヤレスなので、電話の届く範囲であれば、
行動下でデータが採集できる。 出力は、RR間隔のテキストファイルでえられるが、
受信データ加工には、専用の開発キット を要する。NI社やマットラブなどと使われるように設計されている。
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/sconomicsensor/
5、 Nevrokard社製自律神経ソフトウエア 世界の研究用機器に採用されている製品で、その歴史も長い、
定評のある製品である。 価格も、高くなく、また、メーカよりのきめ細かいサービスがv
直接提供されている。 弊社は日本代理店として認定されている。
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/kard
ラブテック心電計の特記すべき機能の一部をご紹介します
緊急測定モードがる。個別パスワード機能がる。
バーコード、磁気コードリーダで簡単に患者番号を取り込める
12誘導は、スタンダードな、循環器・心臓医に必要な心電図を提供する
多少動いても、心電図の基線が揺れない。他の誘導とこんがらない。
各種心電図解析方法編集方法が備わっている。
患者や、検査技師が測定中に動いたり、移動できるワイヤレスである
連続長時間12誘導心電図モニターとして利用できる。
連続心電図が長時間記憶できる 膨大な心電図を検索できる
膨大な心電図を連続自動プリント機能がある。
12誘導心電図を好みな形式で外部へ出力できる。(PDF,JPEGなど)
心電図波形情報を出力できる(RR間隔、波形のバイナリなど)
VO2,あるいはMET情報を提供する ST計測機能がる。
非観血血圧機能のタイプがある
歩行、マスターステップ、エルゴメータ、トレッドミルなどのオプションがある
ワイヤレスなので、各種入れ混じって試行できる。負荷試験にアラーム機能がある。
マスターステップに専用ランプ付きがある。
上記負荷装置はいずれの会社の製品と同期動作ができる。
外部から心電図取り込む機能がる。
iPad,iPhoneとの連携、およびリモート操作が可能。
モバイルインターネット、モバイル院内LANが利用できる。
ソフトウエアは、先生の特別な要望も取り入れることができる。

電気生理検査で重要な五人の偉人

1、 最初のペースメーカ
ポール ゾル博士 1952年商用交流電気で直接心臓を動かした。1956年心臓に外から 電気を与えて動作しつづけた。

  2、最初の携帯ペースメーカ
アール バッケン博士 1957年メトロノームの電気回路図にヒントを得て、バッテリ式ペース メーカを使用した。
ヲルトン リリハイ博士とメドトロ二クスを創業した。

3、最初の除細動器
バーバード ローン博士 1961年米国光学会社と協同で臨床に使える除細動器作った。
開胸術用は、100ジュール、外部胸部用は、200から400ジュールであった。

4、最初のカテーテルアブレーション治療
 メルビン シャイマン博士 1981年人間のバンルヒスを除細動器の直流電流で気絶させ、 また、再復帰させることに成功した。
後に高周波に切り替えられた。

5、最初のメイズ治療
 ジェイムズ エル コックス博士 1987年心房細動の治療に開胸手術法で成功。
 今一番望まれているのは、開胸しないで、心房細動を治療できることである。  
―――ケルビン オーサリバン氏の記載から

画像例は下記をご参照願います。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/
上記の一番下部に解説付きで、応用例を掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna/
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/masterblue/
ラブテック社製マスターステップの使用例掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna2/
医大検査室での使用例、画面例及び記録例も掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/remoterunning12ecgs/
ソニーの超小型パソコンを利用したランニング仕様の用途例

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/aerobicacc/
米国循環器学会で推奨された心臓病患者への心臓リハビリ法としての
エアロビックの効能についての発表

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/gtec/
出力のRR間隔データの解析例、これは別売のソフトウエアとなります。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/stressdata/
負荷試験での重要な医学的指標、米国心臓病学会のスタンダードとして発布

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtechholter/
ラブテックパソコンホルタのご紹介

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtech1/
ラブテック社製品としてのパソコン式の利用価値 等を掲載しております。
12誘導心電図と超音波診断図などと同時表示を実現しませんか?
Medical Teknika 高血圧、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞 ウエアラブル生体モニター
ホルター心電計 先天性心疾患ソフトウエア 多種類ワイヤレス
マイクロセンサー
ワイヤレス心電計 動脈硬化指標、中心血圧、非観血血 12誘導心電図伝送
非観血血圧波形連続測定
解析付きワイヤレス
救命救急用生体情報モニタ 医工連携

非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献   

 エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器 ブルーツース     デュナ 

 デュナの実例     遠隔同時表示    ラブテック製品    Labtech products


ワイヤレス 非観血血圧式

 連続監視 血圧測定 (研究用)

各種 センサー で、目的にあったシステムを設計できる
開発キットをご用意しております
世界の研究機関で採用されて、且つ、続々と、新製品が
開発されています。特に価格が低い点が特徴。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO